【Oculus Quest】部屋が狭くても楽しめる神ゲーム4選。【静止モードでOK】

ゲームレビュー

VRゲームは部屋が広くないと遊べないゲームが多いですよね。買ってみたものの、部屋を広く使うゲームで全然楽しめないなんて最悪だと思います。

部屋が狭いからといってVRを楽しめないのはイヤですよね。

なので、今回は部屋が狭くてもめちゃくちゃ楽しめるゲームを紹介していきます。

これから紹介するゲームはOculus Questのゲームですが、SteamやPSVRにも対応しているゲームもありますので、気になった方はぜひプレイしてみてください。

『Moss』

こころが癒される美しく、小さな世界。

『Moss』はザックリ説明すると、ミニチュアサイズの世界を冒険するゲームです。世界が小さいのでプレイヤーは動くことが少ないです。

とにかくこのゲームは世界観が最高。今でも大好きなゲームです。

ずっとここにいたくなるほど、美しい街並み、自然が広がっています。どこのシーンもホントに細かく作られていて感動します。

画像だと伝わりにくいかもしれませんが、Oculus Questだと『Moss』の物語に引き込まれます。

『Moss』の物語はプレイヤーがクイルというネズミの主人公に出会うシーン。

プレイヤーは森の精霊的な立ち位置で、主人公クイルの冒険を手助けしていきます。

実際にはクイルの操作をプレイヤーがします。

なんといっても、このクイルがめちゃくちゃかわいいんですよね。

クイルの頭をなでたり、ハイタッチをしたりと触れ合うことが多く、一緒に冒険している感を感じられるるシーンが多くあります。

ただ、クイルとの冒険はワクワクもしますが、その分、ヒヤヒヤすることも多いです。

物語の終盤はヒヤヒヤだらけで、クイルが探知装置に引っかかってしまったり、巨大蛇に襲われそうになったりするときはホント心臓に悪い。

とにかくこの『Moss』は世界感、物語にグッと引き込まれてしまうようなゲームです。

『Real VR Fishing』

ただただ、ジッとこの海を眺めていたくなる。

この『Real VR Fishing』はその名の通り、釣りゲームです。ただ、釣り以外に大きな魅力がある。

座りながらほのぼの釣りを楽しむゲームなので部屋が狭くても問題ありません。

『Real VR Fishing』は釣りもそれなりに面白いんですが、それ以上に釣り場の景色がめちゃくちゃ綺麗。

最初にこのゲームをプレイした時、笑っちゃったほどです。

海辺から見える夜景や夕焼けにとにかく感動します。

さらに『Real VR Fishing』は水の質感もかなりリアルで、本当に釣りに来てる気分になります。

Oculus Questでこれほど美しくグラフィック表現ができているゲームは中々、お目にかかれません。

そして、根本の釣りゲーとしてもやりこみ要素があるので、かなり楽しめます。

ただ、釣りゲーとしては最初の設定のままだと、イマイチなのでオススメ設定があります。その設定方法や詳しいレビューは別の記事に書いていますのでぜひご覧ください。

『Pixel Ripped 1995』

Pixel Ripped 1995 Release

誰もがこの”テレビゲーム”に少年時代の興奮を取り戻すはず。

『Pixel Ripped 1995』の物語はザックリ説明すると1995年の世界でテレビゲームをプレイして敵をやっつけるというストーリーです。

これすごいのが、ホントに目の前のテレビでゲームをしてる感がすごいんです。

特に最初は夢中になってプレイしちゃいます。始めは、自分がOculus Questを被ってることを忘れてプレイしてました。

VR内でテレビゲームをプレイできるのがめちゃくちゃテンション上がるんですよ。

ただ、テレビゲームをずっとプレイしていればいいわけではなくて、ずっとゲームに夢中になっているとお母さんにゲーム機の電源をブチ切りされます。

お母さんの様子をうかがいながらゲームをプレイする必要があるわけです。正直、お母さんウザい。

各ステージのボス戦ではゲーム内のリビングがステージになって2Dドット調のキャラが戦いを繰り広げます。これもなんかワクワクする。

ただですね、ストーリーがすべて英語なので英語が全く分からないという方はあまり楽しめないかも。

とはいっても、『Pixel Ripped 1995』はVR内でテレビゲームをするというゲーム性が僕はワクワクしたのでぜひプレイしてみてほしいです。

『Virtual Virtual Reality』

ASCII.jp:VRアドベンチャー「Virtual Virtual Reality」、VRの中でVR ...

Oculus Questを被るのがトラウマになる人も出てくるかも。

『Virtual Virtual Reality』はVR内でVRゴーグルを被るという面白いゲーム性といろいろ考えさせられるかなり濃いストーリー展開にドップリ浸かってしまう魅力的なゲームです。

このゲームの世界はAIが人間を支配している世界。人間はAIのために仕事をするという状況です。

ちなみに移動はポインター式で、激しく動くようなゲームでもないのでその場から動かなくても楽しめます。

『Virtual Virtual Reality』内でVRゴーグルを装着して、AIのクライアントの家や世界に移動して仕事をこなしていきます。

ただ、仕事内容は、バター型AIにパンをくっつけてあげたり、超巨大都市型AIの思い出話を聞いてあげたりと正直、よく分からない仕事だらけ。

それでも、VR内でVRゴーグルを装着するのが不思議な感覚で最初はめちゃくちゃ楽しいです。

でも、VRゴーグルを着けていろんなAIのクライアントの仕事をこなしていくうちに、明らかにこのゲームに違和感を感じてきます。

ストーリーの雲行きがだんだん怪しくなってくるんですよね。

あんなにVR内でVRゴーグルを着けるのにワクワクしてたのに、雲行きが怪しくなる辺りからVirtual Virtual RealityでVRゴーグルを装着するのが嫌になってきます。

詳しく話すとネタバレになってこのゲームのストーリーを楽しめないと思うのでこの辺りで控えときます。

【最後に】『Moss』は超オススメ。

ここまで4タイトル紹介してきました。

正直、全部プレイしてほしい。

ただ、この4タイトルの中で一つだけを選ぶとしたら、個人的なオススメは『Moss』です。

もうね、『Moss』をプレイせずにOculus Questを語ることはできません。

世界観、グラフィック、ゲーム性の全てがOculus Questのゲームの中で最高峰に君臨するゲームだと思ってます。

『Moss』の世界、主人公のクイルにとにかく癒されますし、めちゃくちゃ楽しいです。

このゲームは半端なくオススメなので『Moss』はぜひプレイしてほしい。

 

ではまた。