「Real VR Fishing」 Oculus Quest版レビュー。景色が綺麗すぎて、釣りなんてどうでもいい。

ゲームレビュー

どうものむらです。

今回は、VR釣りゲー「Real VR Fishing」をレビューしていきます。

このゲームはとにかくグラフィックが綺麗で目の前に広がる景色は圧巻の一言。

根本の「釣りゲー」としても魚がリアルで種類が多く、初期設定だと物足りない釣りも設定を変えただけでめちゃくちゃ楽しくなります。

「Real VR Fishing」の概要

「Real VR Fishing」の画像検索結果

Real VR Fishing Oculus Quest版

価格    1990円

カテゴリ  シミュレーション、リラックス

言語    日本語対応

開発者   MIRAGESOFT, Inc.

リリース日 2019年9月12日

一応、日本語にも対応しましたが、日本語はグーグル翻訳しただけのようなクオリティです。ただ、英語で何を言ってるかわからない状態よりは全然マシです。

とにかく景色が美しい。

「Real VR Fishing」はOculus Questで一番感動したゲームかもしれません。

海や夜の街並み、夕焼けがほんとに美しい。。。

Oculus Questの有機ELが暗闇や鮮やかな光をより引き立てるのでめちゃくちゃ綺麗に見えます。

これは実際にプレイしてみて感じてほしいです。マジで感動します。

”初期設定”だと釣りゲーとしては普通

釣りのゲーム性は、リールを引きすぎるとゲージが右に行って糸が赤くなり、逆に全然引かなければゲージが左に行き糸が青くなり、色が濃くなりすぎると魚逃げてしまうというシンプルなものです。

大きいサイズになると魚が飛び跳ねたり、ルアーを引っ張られたりして竿を指定された方向に振らないといけなかったりします。

ビッグサイズの魚と戦うときは糸がすぐに青くなったり赤くなったりするので気を抜くとすぐに逃げられます。

ただ初期設定の難易度【ノーマル】だとそこまで苦戦することもなく、少し味気ないです。

釣った魚は”リリース”(経験値を獲得)するか”キープ”(コインを獲得)かを選択できます。

キープを選択するとロッジの水槽に泳がすことができます

ただ個人的には水槽に関してはどこか迫力や美しさに欠けている気がします。

設定変えたら釣りがリアルになる

難易度【ノーマル】から【エキスパート】にするだけで釣りがかなり楽しくなります。

【ノーマル】だと赤外線レンズ的なやつで魚が透視できたり、魚とのファイト時にゲージが出てきたりしますが、【エキスパート】だとそういった表示がなくなります。

無駄にゲームっぽさがあった煩わしい表示がなくなったので、かなりリアルになります。

さらに糸の色の表示も消すことでより現実に近づきます。

完全に別ゲーです。

手に伝わる振動や竿のしなり具合を集中して見なければいけません。

糸の色すら消してしまうと難易度は爆上がりしますが、釣り職人になった気分になって楽しいです。

ステージのバリエーション多め

2020年2月現在、20ものステージがあり、プレイヤーレベルを上げるとどんどん解放されていきます。

運営が「アップデートで世界中のロケーションを追加していく」と公言しているのでさらに増えていくと思います。

ステージは、風を感じる大自然の湖やビルがそびえ立つ都会の川、雷鳴が鳴り響く大嵐の海など、さまざまなパターンがあり、かなりボリュームがあります。

ギミックがあるステージもあって、花火や鳥の大群、ホタルが出てきたりします。

こういうユーザーを楽しませるギミックが好き。

 

興味のある方は「Real VR Fishing」オススメです。

別に釣りが好きじゃなくてもプレイする価値はあると思います。ちなみに僕は釣りなんて全く興味ありませんでしたが楽しんでプレイしています。

ではまた。